経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

株式会社同友館会長 山田富男さんからのメッセージ

文:株式会社同友館編集部

【第2回】出版企画の構想を立てる

取材日:2009年5月1日

第1回では、出版の世界を大局的な見地から語っていただきました。今回は引き続き、具体的に出版企画を立てていく際にどうすべきか、編集的なテクニック論を交えつつ、ご説明いただきます。

企画のテーマを選択する

企画のテーマを選択するには、まず市場ニーズを認識することが必要です。経営をよくするために自分の知識やノウハウを解説するのではなく、読者が悩み、知りたい問題の解決に自分の知識やノウハウを役立たせよう、と考えてください。そのためには、書きたいテーマから対象を絞り、それについて多角的に考える(たとえば、正面から攻めずに斜めに切る)、といった工夫が必要な場合もあります。

書名(案)をつける

様々な書名

テーマが決まったら、次にその内容を表す書名(案)をつけます。この作業は、きわめて重要な意味を持ちます。企画の特徴や概要を端的に表現していれば、編集者は必ず反応するものです。

ここで1点、注意。店頭でよく見かける「3分間でわかる...」、「1分間で読める...」などは、内容を表すものではないので、極力避けたほうがよいでしょう。

主要もくじを考える

主要もくじの作成は、書名(案)と絶えず照合させながら進めます。その作業によって、書名(案)が変わったり、もくじ構成が変わったりと、全体の完成度が高まっていきます。

内容は、大項目(章)と中項目(節)がそれぞれ5~10項目あればよいでしょう。ただし、著者にはその段階で執筆内容がわかっているはずですから、主な小項目を加えることで、よりよいもくじにすることができます。

キャッチ・フレーズを工夫する

書名(案)だけでは内容を十分に表せない、訴求力不足である、といった場合は、キャッチ・フレーズを考えます。最終的には、それが副題(サブタイトル)になったり、オビのうたい文句になったり、販促用のチラシに使われたりします。こちらは、多少センセーショナルなものでもよいでしょう。

出版企画書をつくる

出版企画書に、定まったフォーマットはありません。先述の主要項目のほかに、内容の簡潔な説明、予定原稿文字数(頁数)、著者略歴、読者対象、考えられる販売ルートなどを書きます。著者関連の販売見込み部数、買い上げ部数などがあれば付け加えましょう。

出版社へのオファー

知り合いの編集者や、紹介してもらった編集者に出版企画書を送ります。ツテがない場合は、出版社の書籍編集部(当社では出版部)に企画書を直接送る方法があります。当社では、編集者が必ずご返事するか、お会いしたうえで企画書を作成し、企画会議に提案しています。

原稿を書き終えている場合

完成原稿がある場合も、まずは出版企画書をつくって出版社に送ります。その際、原稿があり、必要なら持参もしくは送付する旨を書き添えてください。ただし、一般的には、完成原稿を市販書籍にできる確率は低い、と思っておいたほうがよいでしょう。

次回は引き続き、執筆する際の注意事項について述べていきます。

(つづく)

プロフィール・会社概要

山田 富男(やまだ とみお)/1953年(株)同文舘出版入社、1959年(株)同友館創業に参画し、取締役出版部長、1989年代表取締役社長、2006年より会長(現職)。その間、56年間にわたって編集職に従事し、1,000点を超える書籍の出版を手がける。

会社名 株式会社同友館(かぶしきがいしゃ どうゆうかん)
所在地 東京都文京区本郷6-16-2 BR本郷5ビル2F
代表取締役社長 脇坂 康弘

小社は月刊『企業診断』を柱に、企業経営の各部門にわたる理論書、実務書、経済産業省・中小企業庁年度版等の刊行を領域としてまいりました。近年では、投資関係、児童・福祉関係等の分野にも進出し、さらなるラインナップの充実に努めています。