経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

遊座大山商店街 副理事長 吉田和雄さん、事業部長 鈴木泰彦さんに聞く

取材・文:村橋保春

【第3回】中小企業診断士が商店街を動かす

取材日:2008年11月17日

吉田さん・鈴木さん

吉田氏:中小企業診断士の方が商店街を訪れて、話を聞いて、商店街としてやりたいことをあぶりだしてもらう。何事も予算があるので、希望する事柄を順番付けて、何からやれば効果的かを考えてもらう。
商店街の自主事業でやること、補助金がないと出来ないことなど、区分して計画に落とし込んでもらう。
商店街にとってはありがたいことです。

例えば補助金を活用するにしても、国や自治体など支援主体によってその内容が異なりますし、それぞれの商店街でもっともふさわしい制度も異なるはずです。また、申請時期によっては、使える、使えないが決まってくる。
申請に当たっても、申請方法や申請書類の書き方など、やってみると難しいことが多い。
こうした知識は商店街の関係者にはなかなか持つことができません。中小企業診断士の方に、整理して考えてもらえると助かります。

鈴木氏:うまくいっている商店街、力のある商店街は組合で顧問となるコンサルタントを置いています。中小企業診断士の方が顧問コンサルタントになっている例も多いですね。
顧問の中小企業診断士が、商店街にいろんな制度やアイデアを持ってきて、商店街がそれらを実施する。そうすることで、商店街はいつも賑わいを感じさせることができます。支援施策を活用することで、ノウハウを得、資金的にも楽になっているようです。いい関係ですね。

― 中小企業診断士としてもやりがいを感じますね。

鈴木氏:商店街の経営者は商売が忙しく、組合の事務局は、基本は事務の仕事を行う。商店街全体をどのような方向に持っていこうかというのは、やはりそれをしっかり考える人が必要です。そうした役割を中小企業診断士の方が担ってもらえるとありがたいわけです。

どんな商店街も中小企業診断士を抱えることが出来るかといったらそうではないと思います。どの程度の規模になれば、中小企業診断士の方をコンサルタントとして迎えて、活躍してもらうのか。
いくつかの段階があってもいいと思います。ずっと顧問コンサルタントとして抱え込むまでにはいかない商店街では、事業ごとにその度関わってもらうということだってあると思います。
商店街はその集積度合いが進んで、結構大きくなっていても、組合の理事長はまだまだ商店街らしくなり始めた創生期のイメージのままのところもあります。そうしたところには、商店街の実態を、自ら理解してもらうところからコンサルティングを始めてもらうといいかと思います。

― 商店街にもっといいアドバイスをしてほしいということですね。

鈴木氏:いや、アドバイスではないですね。われわれはアドバイスがほしい段階から、実務レベルでのサポートがほしいところまで来ています。

吉田氏:概論だけでなくて、具体的にこのようにやりましょうといった話が大切です。

鈴木氏:概論ももちろん大切です。遊座大山商店街では、すでに遊座小判であったり、いろんなイベントも行っていますので、ご関係者によるアドバイスをいただいています。これ自体はありがたいことです。
ただし、アドバイスをもらって実際に行うのはわれわれ商店街の関係者です。アドバイスの内容はわかるのだけれども、それだけではなかなか動けない。

― アドバイスはわかるが、その先どのように動けばいいかまで、コンサルティングしてもらえると助かるということですね。

鈴木氏:そうですね。

― もっといえば、アドバイス、コンサルティングだけでなく、代わりにやってもらうところまでいくこともあるのでしょうか。

鈴木氏:内容によっては外注したいと考えることもあります。請負です。中小企業診断士の方に業務を請け負ってもらいたい。うまくいっている商店街では、実際に中小企業診断士が請け負っている例もありますね。

吉田氏:ある商店街では、中小企業診断士の方の顧問料自体はあまり多くないのですが、いろんな事業に取り組み、それぞれの事業に関して出来高払いみたいな報酬を受けて、コンサルティングを続けているお話も聞いたことがあります。いろんなやり方があると思います。
中小企業診断士の方にとっても努力すればするほど、成果をあげればあげるほど報酬額は多くなるわけですから、がんばり甲斐があると思いますよ。

鈴木氏:遊座大山商店街はユニバーサル商店街を標榜しており、7つの事業を想定しています。そうすると、それぞれの事業ごとに中小企業診断士の方から提案を受け付けるということもあるかもしれませんね。
中小企業診断士の方もひとつの商店街というのにこだわるのではなくて、事業別に強みを発揮する。こんなあり方も考えられると思います。
そうしたことを繰り返して、商店街と中小企業診断士の関係は深まっていくのかなあと思います。

(つづく)

吉田 和雄さん/遊座大山商店街振興組合 副理事長

吉田 和雄(よしだ かずお)
地元商店街では毎月「遊座かわら版」を発行するための取材と記録係をしながら、板橋区商連においても広報委員長の役職にあり、商連新聞の編集委員という重責を担っています。

鈴木 泰彦さん/遊座大山商店街振興組合 事業部長

鈴木 泰彦(すずき やすひこ)
現在、商店街事業及びイベントを企画・申請を担当しつつ、板橋区商連における活動を通して情報交換を推進し、地元商店街との連携を図る役割を担っています。