経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

(株)日本経営協会総合研究所 取締役 経営人事ソリューション部長 柴野数郎さんに聞く

取材・文:宮崎 洋一

【第3回】診断士の皆さん、夢を捨てないで!

柴野数郎さん夢を捨てずにキャリアを積んでいこう

― 読者のなかには研修講師として活躍したいと考えている中小企業診断士の方も多いと思います。アドバイスをいただけますか?

これまでのビジネスキャリアがあり、それに加えて中小企業診断士として学んだ知識がある。そのなかで、「これならできます」「これが強みです」というものを持っている人は強いですよね。

例えば「営業の○○ができます」というものを持っている人には、われわれも営業系の仕事でお声掛けしようかな、となる。マネジメントでしたら「マネジメントの教え方なら何でもわかります」と自信を持ってアピールできるぐらいまで深めていただきたい。また、経営診断やコンサルティングをする場合でも、「これなら!」という強みをつくることを意識して経験を積んでいかれるとよいでしょう。

また、弊社のような企業のクライアントというのは大企業~中堅規模のところが多いのです。それに対して「小規模のところを相手に一生懸命やってきました」といわれても、それが中堅企業、大企業相手に通用するか、といったらまた別問題です。そのあたりは、うまくキャリアを積んでいただければいいと思います。

― キャリアの積み方という点で、柴野さんからみて、「こうしたらいいのに」というようなことはありますか?

診断士の先生とお話をさせていただくときに必ず伺うのが「何をやりたくて診断士の資格を取ったのですか」という質問です。そうすると、やはり「コンサルタントになりたいから」という方が多いですね。その際に「でしたら、そういう道を選んでいかないとダメでしょう。求めていかないと仕事は来ませんよ」という話をさせていただきます。

診断士の方で受験校の講師をされる方がいらっしゃいますね。それがいいか悪いかではないのです。どうやって食べていくのかというところで考えれば、それもいいでしょう。でも考えてみてください。何のために診断士の資格を取って会社まで辞めたのでしょう?

― 使命感のようなものですかね。

いや、私は夢だと思います。夢を実現するために資格を取った。使命感とか社会性の部分は後から付いてくるものだと思うのです。

その夢を捨てないでほしい。もう一方で安易に会社を辞めてほしくないとも思うのですが(笑)。

研修講師とコンサルティングを仕事の両輪に!

― 「コンサルタントになりたい」という夢を実現するためにキャリアを積んでいく。そのなかで、研修講師の仕事をどのように位置づけたらよいかということですね。

わたしは、この研修講師という仕事は非常におもしろいと思っているのです。わたしがメインでやるわけではないのですが、いろいろな会社のいろいろな階層のいろいろなタイプの人と会える。そのなかで、自分の考え方を皆さんにお伝えしていくわけです。

診断士の方であれば、間違いなく8つの領域の知識はもっている。それに加えて、自分が今まで経験してきたことも伝えることができる。そういうものをぶつけていきながら、たえず自分自身をブラッシュアップできるし、自分のレベルを上げていくことができると思います。

やればやるほど指導力は上がっていく。やればやるほど企業の実情がわかってくる。そうするとコンサルティングにも入っていきやすくなる。逆に企業の立場に立てば、いきなりコンサルティングを依頼するよりも、研修講師として実績を積んでいる方であれば、それなら診てもらおうか、ということになりやすいと思うのです。

ですから、研修講師の仕事というのは「コンサルタントになりたい」という夢を実現するための1つの領域になると思うのです。そして、コンサルタントとして仕事をとれるようになったら、今度はコンサルティングと研修を仕事の2本の柱として活動していくというスタイルも考えられると思います。

コンサルティングの現場経験は研修講師としての強みになりますし、研修でいろいろな企業に入った経験をコンサルティングに生かすこともできる。その相乗効果は、たいへん大きいものだと思うのです。

また、収入面から考えても、両方の仕事をバランスよく、というのはとても現実的な道だと思います。経済的に独り立ちできなければ、夢を実現したことにはなりませんから...。

― 最後にあらためて中小企業診断士への応援メッセージということで、まとめていただけますか?

日本経営協会総合研究所

これから受験する人は、「診断士になりたい」という夢を絶対に実現してほしいと思います。それから、診断士になることができたならば、幅広い職域をじっくり見極め、経験を積みながら、常に診断士としての夢を捨てないでほしい。

研修領域の仕事は、中小企業診断士の幅広い職域の1つと考えられます。その領域に一度足を運びいろいろな企業を実際に見て、コンサルタントとして活躍するにはどうしたらいいのかを考える場にしていただきたい。

また、実際、研修講師をやってみて「コンサルタントより講師のほうが自分には合っている」と思われる方もいらっしゃるでしょう。そういう方には、研修講師のプロになるという道もあります。新たな夢に向かって軌道修正があってもいい。

弊社の講師陣には、研修の仕事だけで年収1,000万円を超えるような方々もいらっしゃいます。「研修講師のプロになる」という夢も、実現しがいのある夢だと思うのです。

ですから大いにチャレンジしてほしいと思います。

柴野 数郎さん:(株)日本経営協会総合研究所 取締役 経営人事ソリューション部長

柴野 数郎(しばの かずお)/1981年、社団法人日本経営協会入職。1989年、経営教育本部経営協力課に異動、企業研修の担当となり、中小企業診断士とのつきあいがはじまる。2000年、(株)日本経営協会総合研究所に転籍。2005年、取締役就任。

会社名 株式会社日本経営協会総合研究所
設立 1989年7月
資本金 6,000万円
従業員数 50名
主な事業内容 HRMの視点からの、1)経営人事コンサルテーション、2)調査・診断、3)人材育成・開発、4)人事アセスメント、の4つの事業を展開。
本社所在地 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
ホームページ http://www.noma.co.jp/