経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士に向けた熱いメッセージ

中小企業診断士に期待する

静岡県 焼津信用金庫 八木利樹 顧客相談部長にきく

取材・文:菊間 範明(中小企業診断協会静岡県支部支部長)

【第2回】「プロ意識」を持ち結果を出していってほしい

前回につづき、焼津信用金庫・八木利樹顧客相談部長におうかがいしました。

八木利樹部長「プロ意識」は必須、現場がわかる「泥くささ」も大切な要素

― 日頃の中小企業診断士に対するイメージはどうですか? またこうした事業を進める中でそのイメージに変化はありますか。

私も企業内診断士、当事者なので客観的なイメージをお話しするのは難しいですから、中小企業診断士として追い求めているイメージ、という切り口でお話をさせていただきたいと思います。私は常々、中小企業診断士は、独立診断士はもちろん、企業内診断士であっても「プロ意識」を持たなければならないと思っています。当金庫の診断士には「企業内診断士が中小企業診断士のステータスを下げてはいけない、むしろ高める責務がある」と話しています。

ですから、顧客相談部に配属された診断士には、中小企業診断士の主要業務である、「1.コンサルティング」「2.講演や研修の講師」「3.執筆活動」の3つを、独力でやり遂げるスキルを短期間で身に付けることを要求しています。実際に、コンサルティングは日常業務として、研修・講演などは地元の経済団体やお客様向けから金庫職員向けの研修まで、積極的に行っています。執筆は研修向けのテキストや職員向けの小冊子の作成など、金庫内外で診断士のスキルを発揮するよう努めています。

ただし、これはあくまで中小企業診断士の表面的イメージをなぞったもので、本質的に追い求めているイメージは仕事のプロセス、結果から導き出される、中小企業診断士の資質の部分にあります。たとえば、お客様の要求に責任を持って応える自信、その自信を裏付ける日頃の鍛錬、企業の成長のためには時に悪役を買ってでもその目的を果たそうとする信念、などです。プロの診断士としてのイメージ、これが日頃、追い求めている中小企業診断士のイメージです。

ところで、中小企業診断協会静岡県支部様と連携事業を進めているわけですが、大手経営コンサルファームのコンサルと地元の中小企業診断士とのちがいは、やはり、地域や中小企業の現場が経験としてわかっていることだと思います。したがいまして、中小企業診断士の診断結果すなわち提案やアドバイスは、極めて現実的であり具体的、またその企業なりの個別的なもの(オーダーメイド的なもの)を期待しています。

前回、地元の経済環境や風土、現場の苦しみや喜びがわかる中小企業診断士の「泥くささ」ということを申し上げましたが、企業はその「泥くささ」を歓迎していますし、中小企業の活きた支援には必要な要素だと思います。中小企業診断協会静岡県支部と連携してさまざまな事業を行う中で、ますます、そうした認識が強くなってきました。

人間性を含めた自己価値創造への取り組みが、一層求められる

ヒアリングする菊間支部長(右)と八木部長

― 期待ということばも出てきましたので、今後、中小企業診断士に期待することは何でしょうか。

良い中小企業診断士の評価のポイントのひとつに、取引先企業の経営者などと初めて面談したときに「宿題を頂いて来られるか」ということがあると思います。お客様から宿題、つまり依頼事項をいただくということは信頼の証であり、継続して支援してほしいという期待であると思われます。本音で悩みを相談できる相手がいる経営者は極めて少ないですから、中小企業診断士は宿題に的確に応え、気の利いたアドバイスをする、企業の良きパートナーとして活躍することを期待しています。

地元ではさまざまな環境要因から企業そのものが変革を求められるようになっています。企業の変革を推進する仕事は今や中小企業診断士の主戦場になっている感がありますが、変革とは企業の舵を大きくきることですから、かなりエネルギーを要する仕事です。変革の現場では経営者から従業員まで「人を動かす」、あるいは「動くように仕掛ける」スキル、例えばコーチングやファシリテーションなどが必要ですが、実は、人を動かすのは、中小企業診断士の「人間的魅力」や「経験」、加えて「ひたむきな行動力」であったりします。

こうしてみると、これからの中小企業診断士には人間性を含めた自己価値創造への取り組みというものが、一層求められるのではないか、と思います。

とにかく、中小企業診断士は、お客様に柔軟に対応する一方で「ぶれない軸足」を持ち、結果を出すことが大事だと思います。そのことこそが、中小企業診断士の信用・地位・知名度の向上につながっていくと考えます。

中小企業診断士のビジネスモデルは無限に存在する

― 最後に、これからの展開としてお考えのことがありましたら、お聞かせください。

当面は、ビジネススクールを通して、若手経営者・後継者、管理者の人材育成・スキルアップなどを図るとともに、地域活性化を担う皆様のネットワーク・連携づくりを進めていきます。また、前向きにチャレンジする企業への支援も一層力を入れていきますが、これらの事業の中でベストの相談機能の提供を目指していきますので、中小企業診断士・中小企業診断協会との連携はさらに密にしていきたいと思います。

最後に、中小企業診断士の活動範囲というのは本当に広くて、無限といっても過言ではありません。このことは、中小企業診断士のビジネスモデルも無限に存在する、ということだと思います。

私たちは無限の可能性に夢を持ち、中小企業診断士自身のビジネスモデルを生み出す努力をしていきたいと思っています。

― お忙しい中、ありがとうございました。

八木 利樹さん:焼津信用金庫顧客相談部長

八木 利樹(やぎ としき)/1980年 焼津信用金庫入庫、2001年 業務部お客様相談室課長、2005年 顧客相談部副部長、2006年 顧客相談部長(現任)。1996年 中小企業診断士登録(工鉱業部門)。

職員数540名役員数16名(常勤9名、非常勤7名)

会社名 焼津信用金庫(平成19年3月末現在)
愛 称 まるせい(前身の焼津生産組合 マークから)
設 立 明治41年6月
資本金 1,062百万円
理事長 鈴木梅二郎
会員数 34,799名
本店所在地 焼津市栄町3丁目5番14号
営業地区 焼津市・藤枝市・静岡市(除く旧蒲原町)
島田市・御前崎市・牧之原市・志太郡・榛原郡
ホームページ http://www.yaizu-shinkin.co.jp/