経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士カレイドスコープ

平成24年中小企業経営診断シンポジウム開催報告

取材・文:同友館編集部

【第2回】学びの多い分科会発表

取材日:2012年11月7日

平成24年11月7日(水)、大阪市の大阪国際会議場で開催された平成24年度「中小企業経営診断シンポジウム」。今回は、午後に行われた各分科会や表彰式の中から、第1分科会の模様を中心にお伝えします。

聴衆をひきつけた4名の発表―第1分科会

大阪府協会・太田恵太郎氏
発表する大阪府協会・太田恵太郎氏

中小企業庁長官賞対象の4名の方から事例発表が行われた第1分科会は、急遽追加の座席が用意されるほどの大盛況でした。いずれの発表も、事例と手法の素晴らしさ、また皆さんのプレゼンテーションスキルもあって、聴衆が一様に聴き入っていたのが印象的でした。

その中で見事、「中小企業庁長官賞」に輝いたのは、一般社団法人大阪府中小企業診断協会の太田恵太郎氏による『K社成長戦略を支援するマトリクスの三位一体手法~企業診断の「見える化」・「ストーリー化」・「メッセージ化」の提言~』です。太田氏は、経営の「見える化」に始まり、シンプルでゴールがわかりやすい成長のストーリーを作成し、中期の経営計画も含めた「メッセージ化」を目指す取り組みについて、「2年前の当シンポジウムにおけるご自身の発表の発展形」(審査委員講評)とも言うべき提言を展開されました。太田氏の支援を受けた経営者からの「戦略が正しいと、数字は自然とついてくる」、「正しい戦略はシンプルで無理がない」といった感想にも、お互いへの大きな信頼を感じました。

太田氏以外の3名の方々も、その発表内容が高く評価され、各賞を受賞されました。「日刊工業新聞社賞」を受賞されたのは、一般社団法人東京都中小企業診断士協会の齋藤信幸氏による「匠な工場から巧みな営業へ~営業力強化による工場の町の経営革新~」です。「感性に頼りがちな営業を、あえて理詰めで捉えようとした点を評価」(審査委員講評)という評どおり、中小企業の弱い営業力という現実課題を理解し、チャレンジされた意義は大きいと思います。

「日本経営診断学会会長賞」を受賞されたのは、一般社団法人東京都中小企業診断士協会の村上一幸氏による『「伊豆諸島の"地域戦略構想書"策定」から見えてきた「地域活性化の本質」』です。本質を理解した地域活性化に中小企業診断士が取り組むべきと訴える村上氏に対し、審査委員からは「非常に重要な取り組みの1つ。今後のさらなる展開に注目したい」との声が上がりました。

「中小企業診断協会会長賞」を受賞されたのは、一般社団法人東京都中小企業診断士協会の遠藤康浩氏による「新規事業開発にホームページを活用し経営革新を実現した事例~BtoB市場におけるWebマーケティング~」です。遠藤氏が実際に支援された事例をもとに、販路開拓について要点をまとめたオーソドックスな内容ながらも、間の取り方やテンポが絶妙な発表には、聴衆の多くが身を乗り出し、審査員からも「資料と発表内容が非常にマッチしていてわかりやすい」との評が寄せられました。

第2・第3分科会各賞受賞者

続いて、第2・第3分科会の各賞受賞者をご紹介します。

<第2分科会・中小企業診断協会会長賞>(6編)

・中国人観光客 奈良インバウンドに向けた調査報告書

 西 康弘(一般社団法人奈良県中小企業診断士会)

・金融機関と取組んだ知的資産経営支援の実際

 森下 勉(一般社団法人大阪府中小企業診断協会)

・姫路市北部3町(香寺町、夢前町、安富町)活性化に関する調査報告書~花・緑・湯煙香り心安らぐ夢の古里「ひめきた」~

 乾 竜夫(一般社団法人兵庫県中小企業診断士協会)

・産学連携による新事業創造活動に関する調査研究

 組橋真二(一般社団法人徳島県中小企業診断士会)

・農商工連携を成功に導くe-マーケットプレイスの構築に関する調査・研究報告書

 土井一海(一般社団法人山口県中小企業診断協会)

・災害復興マニュアルの策定報告書

 藤田千晴(一般社団法人東京都中小企業診断士協会)

<第3分科会・中小企業診断協会会長賞>(7編)

・【福井県】「勝山市の観光活性化に向けた提案~地域における中小企業診断士の新たな役割~」

 峠岡伸行(一般社団法人福井県中小企業診断士協会)

・【滋賀県】「日本一を目指して! 地域資源のゆばを活用した経営革新」

 八木幸子((株)比叡ゆば本舗ゆば八代表取締役社長)

 矢嶋 聡(大津商工会議所中小企業相談所経営指導員)

・【京都府】「京都府北部地域における総合建設業の生き残りをかけた経営改革」

 山本知美(一般社団法人京都府中小企業診断協会)

・【奈良県】「奈良県中小企業診断士会における診断士の活動の場の広がりについて」

 森 昭彦(一般社団法人奈良県中小企業診断士会)

・【大阪府】「大阪産野菜のブランド化による地域活性化への一提言」

 西田金司(一般社団法人大阪府中小企業診断協会)

・【兵庫県】「姫路市家島町の観光振興支援」報告書(要約版)

 藤尾政明(一般社団法人兵庫県中小企業診断士協会)

・【和歌山県】「建設業界における経営革新事例の紹介」

 安田勝也(和歌山県中小企業診断士協会)

表彰式・おわりに

第1分科会受賞者
第1分科会受賞者を交えた記念写真

17時からは、各分科会の発表に対する表彰式が行われました。中村正士・(社)中小企業診断協会副会長の開会挨拶に続き、水元明則・同専務理事より第1分科会審査結果の発表が、大江宏・審査委員長より第1分科会の発表論文に関する審査委員長講評が行われ、発表者には表彰状が授与されました。

17年ぶりの大阪開催となった今回のシンポジウムは、好天にも恵まれ、大盛況のうちに幕を閉じました。参加者の中には学生さんの姿も見られ、診断士資格への関心の高まりを感じさせられました。

最後になりますが、シンポジウムに参加いただいた皆様、取材にご協力いただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

(おわり)