経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士カレイドスコープ

「研究会に行こう!vol.3」

取材・文:太田 佐和子(中小企業診断士)

【第2回】「先端小売業研究会」訪問記その2

取材日:2011年9月28日

第1回に続き、研究会の皆さんにうかがったお話をご紹介します。後半は、具体的な活動内容や皆さんが研究会に入ったきっかけ等をお聞きしました。

ブレストとフィールドワーク

― 研究・支援をする企業は、どのように見つけるのですか。

先端小売業研究会

最初は、メンバーの知り合いの企業を研究させていただいていましたが、徐々にその企業の社長さんが別の企業をご紹介してくださるケースが多くなりました。最近は、われわれメンバーがそのお店のお客さんというパターンも増えています。必ずしも、「ニッチ市場のお店だから」という理由で選んでいるわけではありません。

たとえば、支援先にパン屋さんがあるのですが、パン屋という業種はニッチ市場ではありませんよね。でも、品揃えを変えることによってニッチになるんです。この研究会では、ニッチはつくり出せると考えていますから、「このお店のニッチな視点はどこ?」という探りを皆で入れていきます。そして、そのお店のお客様の買い方行動に合わせて、お店の方向をできるだけチューニングし、方向性をいかにとがらせるかを考えています。

最初からニッチを狙っているお店もあるでしょうけど、うまく商売をやっていこうとするとお客様のターゲットが必要になってきますから、お客様の視点から考えるわれわれの手法はいいものだと思っています。

― ブレストが活発ですよね。

見ていておわかりかと思いますが、この研究会は誰かが発表するスタイルではないんですよね。これは、研究会創設当時からの文化が受け継がれています。出席者が、それぞれの感性で自由に意見交換を行い、次回までにそれを誰かがまとめてきて、再び意見交換をする、という流れで進みます。楽しいですよ。また、若いメンバーも増えてフットワークが軽くなり、研究テーマやアイデアも増えて、よりアクティブな研究会になってきました。いまではコンサルティングまでやるようになり、いい形で発展し続けていると思います。

ちなみに、参加するからには発言を求められますが、決して技術的要求が高いわけではありません。自分の発想や意見が堂々と言えればそれでいいですし、誰も意見を否定しませんからね。決して、新人にとってハードルが高いわけではないんです。私なんて、アイデアが出なくても怒られませんから(笑)。自然と、話好きの人が残っているのかもしれません。

― ほかに研究会の特徴はありますか。

ブレストが活発であることに加え、フィールドワークが多いことも挙げられますね。研究先や支援先には積極的にフィールドワークを行い、お客様視点を肌で感じることを重視しています。ここ数年は、年度の前半にフィールドワークを行い、後半に報告書をまとめる、という流れでしたが、今年は、1年を通じてフィールドワークをしています。

また、常に皆で1つの研究に取組む「全員参加型」というスタイルも売りですね。

メンバーの意識は高い

― では、皆さんがこの研究会に入ったきっかけを教えてください。

先端小売業研究会

私は、ニッチという言葉にもひかれたのですが、東京支部城西支会の研究発表会で先端小売業研究会の発表を聞き、「何だか面白そうなことをやっているな」と思ったのがきっかけです。私は、メーカーで技術開発の仕事をしているのですが、どういう仕事にしても、消費者の視点やニーズをつかむことは絶対に役立つと思いましたので、参加を決めました。こちらには、いろいろな年代や業種の方がいらっしゃいますし、研究にも積極的に参加されていますので、私もこれから勉強させてもらおうと思っています。

私も同じく、はじめは「何だか面白そうだな」という印象を持ちました。研究内容を聞かせていただくと、いままで聞いたこともないジャンルのお店が出てくるんですね。「これ、どうやって売るんだろう」って(笑)。それを、分析ツールを活用してマーケティングしていくところにひかれて入会しました。

― 本格的に分析・支援をされている分、時間や労力もかかると思いますが、この研究会活動に打ち込む原動力は何でしょうか。

やっぱり、好きだからでしょうね。嫌々だったら続けられませんから。それに、個人でやる診断や支援と違って、この研究会では皆でアイデアを出し合いますので、内容が非常に充実していて、資料をまとめていても楽しいと感じるんですよね。

また、実践で活かせる技術が学べるのも大きいと感じています。中小企業診断士の仕事をしていると、ここで学んだことがそのまま出てくるんです。研究内容が実践的なところも魅力ですね。

面白い企業が続々と

― これまでで印象深いお店を教えてください。

昔は、「立ち飲みワインバー」というのを取り上げました。若い女性ばかりの中に、フィールドワークとしてオジサンの団体で乗り込んでいったのを覚えています。

また数年前には、「コスプレの雑誌」というのもありました。コスプレは、いまでこそ文化として浸透して、世界的にも認知されていますし、経済的なデータもたくさん出回っています。でも当時は、まだまだマイナーなジャンル、まさにニッチでしたから、フィールドワークを含め、いろいろと苦労しましたね。

 最近は、エッジが若干甘くなっているかもしれませんが、それでも新しい健康グッズ等、面白いものはいろいろとあるんです。本当に面白いお店、気になるお店がたくさん登場しますよ。

― では、最後にメッセージをお願いします。

本当に面白いですから、ぜひ一度足を運んでみてください。お待ちしています。

おわりに

ニッチ戦略と言うと、まずは他社との差別化や自社資源の有効活用等を考えがちですが、先端小売業研究会では、お客様の視点から考えることを重視しています。顧客視点を活かしてニッチ戦略を見出すという発想は、中小企業にとっても中小企業を支援する者にとっても、非常に参考になるのではないでしょうか。また、この成熟化・多様化の時代では、型にはめて考えていては対応できないことが多く、常に柔軟な発想を持ち、新しい視点で取組む姿勢が重要であることも、今回の取材で深く実感することができました。

先端小売業研究会の皆さんは、意識が高いだけでなく、ふだんからブレストをされていることもあってか、お話が上手な方ばかりで、まさに少数精鋭の集団という印象を持ちました。また皆さん、わかりやすく丁寧に、私の質問に答えてくださり、大変実のある時間となりました。貴重な場に参加させていただき、本当にありがとうございました。

(おわり)

【こちらもおススメ!】