経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士カレイドスコープ

「女性診断士の会“Ami”」の例会を取材

取材・文:「中小企業診断士の広場」編集部

【第1回】女性診断士の会"Ami"とは

取材日:2010年2月4日

中小企業診断協会東京支部には、多数の懇話会が存在しています。今回、私たち「中小企業診断士の広場」編集部は、その1つ、「女性診断士の会"Ami"」(代表幹事・鴨志田栄子さん、2010年3月現在)の例会を取材させていただきました。

多彩なテーマで隔月開催

2月の寒風が吹きすさぶ中、表参道にある東京ウィメンズプラザに、次々と吸い込まれていく人、人、人。その顔ぶれは、女性診断士の皆さんを筆頭に、メーリングリストの情報をみて集まったビジネスマン、ビジネスウーマンまでさまざまです。

以前より、「女性診断士の会"Ami"」に所属する皆さまのご活躍を耳にしたり、お仕事をご一緒させていただく機会は多くあったものの、実際に例会に参加したことはありませんでした。そんな中、今回の幹事である久保有子さんから別の仕事の打ち合わせ中にお誘いを受け、「ならば!」と2つ返事でお伺いすることに。チャンスはどこに転がっているかわからないものです!

女性の目をより活かしたい

チャンス☆コーディネーター・秋田英澪子さん
チャンス☆コーディネーター・秋田英澪子さん

ここで、簡単に「女性診断士の会"Ami"」の紹介をしておきましょう。中小企業診断協会東京支部の懇話会として活動する同会は、その名のとおり、東京支部に所属する女性診断士を主メンバーとしています。会の目的は、「女性診断士を中心とした診断士の交流、情報提供を促進すること」。そのうえで、単なる情報交換の場にとどまらず、女性の目を活かしたコンサルティングやマーケティングを行えるよう、会としての成長を目指しています。 1年間の例会テーマをみると、「女性起業家」、「人材育成」といったズバリ仕事に直結する内容から、「お食事会&観賞」、「生活を楽しむ」といった、女性中心の懇話会ならではの内容まで、その幅広さに目を奪われます。そして、新年第1回目となる今回は、NPO法人「知的生産の技術研究会」事務局長を務めるチャンス☆コーディネーター・秋田英澪子さんを講師にお迎えして行われました。

今回の例会のテーマは、「スキルアップ」。そして秋田さんの講演タイトルは、「セルフ・プロデュースと人的ネットワーク」で、中小企業診断士のみならず、私を含めて多くのビジネスマン、ビジネスウーマンが興味をひかれる内容です。同会の特徴として挙げられるのが、各幹事が中心となって講演の企画から講師の招聘までを行うシステムですが、参加者の何人かにお聞きしたところ、例会ごとに幹事の色が濃く出ていることが結果的に参加者を「飽きさせず」(男性ビジネスマンA氏)、「毎回、どんなテーマかを楽しみにしている」(男性ビジネスマンB氏)という好循環を生んでいるようです。気になる講演の模様は、次回に詳しくご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに!

会場
チャンス☆コーディネーター・秋田英澪子さん

(つづく)

【こちらもおススメ!】