経営コンサルタントの国家資格”中小企業診断士”の情報が満載です。 中小企業診断士の広場

中小企業診断士の広場

診断士カレイドスコープ

中小企業経営診断シンポジウム/中小企業診断協会創立55周年記念大会報告

取材・文:堀切 研一(中小企業診断士)三上 学(中小企業診断士)

【第2回】中小企業診断士による研究事例論文・提言の発表

取材日:2009年11月5日

2009年11月5日の午後からは、シンポジウムの第2部として、4つの分科会が開催されました。ここでは、第1分科会~第3分科会の模様についてレポートいたします。

第1分科会――中小企業診断士による経営革新支援事例論文発表

竹中 栄一 氏
竹中 栄一 氏

第1分科会では、「中小企業診断士による経営革新支援事例論文発表」が行われました。4名の中小企業診断協会会員が、経営者・社員の意識改革を通じた経営革新事例について、質疑応答を含めて40分間の発表を行いました。

最優秀賞となる中小企業庁長官賞は、「事業再生の成功に不可欠な経営革新支援への効果的な『5ステップ経営革新』の提言」を発表した石川英文氏(東京支部)に授与されました。内容は、経営革新と事業再生を一体化し、段階的に行うもので、再生計画の早い段階から、経営に必要なキャッシュフローを本業で獲得するための取組みです。「5つのステップで実施していくロジカルな手法は、他の事例に応用することが可能で、実用性も高い」と、審査委員から高い評価を受けました。

藤岡 芳郎 氏
藤岡 芳郎 氏

優秀賞3編のうち、日刊工業新聞社賞は、「ピンチをチャンスに 利益直結活動により1年で黒字化」というテーマで、売上減少の中、利益直結活動に集中することにより大幅なコスト改善を実現し、わずか1年で黒字転換を達成した事例を発表した竹中栄一氏(群馬県支部)が受賞しました。

また、日本経営診断学会会長賞は、「中小企業の顧客起点による経営革新~中小企業診断士の果たす役割~」というテーマで、顧客起点から地域の学生や従業員の顧客視点を踏まえた商品開発を行い、外部資源を取り込みつつ成果を上げた事例を発表した藤岡芳郎氏(広島県支部)が受賞しました。

橋本 博 氏
橋本 博 氏

さらに、中小企業診断協会会長賞は、「ワンマン型経営から全員経営への革新」というテーマで、問題解決手法であるゴーストバスターズ手法を用い、ワンマン型経営が行われていた中小企業を、全員経営へと脱皮させた事例を発表した橋本博氏(大阪支部)が受賞しました。

いずれの発表も、「中小企業の組織改革」という難しい課題に対し、特徴的な手法で取り組んだ事例です。具体的なノウハウが盛り込まれたプレゼンテーションにより、満席となった会場は、最後まで熱気に包まれていました。

【第1分科会】

○最優秀賞1編
<中小企業庁長官賞>
石川 英文 氏(東京支部)
事業再生の成功に不可欠な経営革新支援への
効果的な「5ステップ経営革新」の提言
○優秀賞3編
<日刊工業新聞社賞>
竹中 栄一 氏(群馬県支部)
ピンチをチャンスに利益直結活動により1年で黒字化
<日本経営診断学会会長賞>
藤岡 芳郎 氏(広島県支部)
中小企業の顧客起点による経営革新~中小企業診断士の果たす役割~
<中小企業診断協会会長賞>
橋本 博 氏(大阪支部)
ワンマン型経営から全員経営への革新
中小企業診断協会会長賞に4編
中小企業診断協会会長賞に4編

※ 第1分科会で発表された4編の論文につきましては、中小企業診断協会ホームページにて、閲覧することが可能です。

第2分科会――診断協会各支部による調査・研究/地域政策提言

第2分科会では、「診断協会各支部による調査・研究/地域政策提言」が行われました。3支部、計6名の中小企業診断協会会員からの提言などが発表され、中小企業診断協会会長賞に4編、中小企業診断協会東京支部長賞に2編が入選しました。

【第2分科会】

中小企業診断協会会長賞4編
徳南 毅一 氏(奈良支部)
観光都市奈良の宿泊客の実態調査報告書~宿泊観光客を増やすための提言~
小川 勝夫 氏(兵庫県支部)
『酒販店のマーケティングに関する調査報告と販売促進のための方策』
小山田 哲治 氏(東京支部)
平成20年度「調査・研究事業」
「中小企業経営革新計画・実践支援マニュアル」
油井 文江 氏(東京支部)
「中小企業こそワーク・ライフ・バランスを!」
ワーク・ライフ・バランス導入支援マニュアル作成のための研究報告
○中小企業診断協会東京支部長賞2編
田中 敏夫 氏(東京支部)
「食育を通じた学校と地域中小企業の連携」
街の和菓子屋さんによる小学校での和菓子づくり体験教室の提案と実施
村上 一幸 氏(東京支部)
事業継続マネジメント(BCM)と事業継続計画(BCP)~事業継続計画(BCP)策定だけでは緊急時対応できない~
齊藤 昭彦 氏
齊藤 昭彦 氏

第3分科会――診断協会各支部による研究会成果発表

第3分科会では、2支部、計6名の中小企業診断協会会員から「診断協会各支部による研究会成果発表」があり、「良い日本酒を流通させるための販売店支援ツール」を発表した齊藤昭彦氏(東京支部良い食品販売研究会)に、中小企業診断協会東京支部長賞が授与されました。

【第3分科会】

○中小企業診断協会東京支部長賞1編
齊藤 昭彦 氏(東京支部良い食品販売研究会)
「良い日本酒を流通させるための販売店支援ツール」

野口 能孝 氏(東京支部ターンアラウンドマネジメント研究会)
中小企業の企業再生研究~M&A方式による再生事例~
大場 貞男 氏(東京支部経営革新計画・実践研究会)
多店舗展開玩具小売業S社の経営革新支援事例
坂本 純夫 氏(熊本県支部地域診断士研究会)
ビジネス支援図書館推進活動の研究と実践
武藤 猛 氏(東京支部医薬品等研究会)
医療機器販売業の営業力強化支援
西田 純 氏(東京支部城西支会国際化コンサルティング研究会)
海外進出のためのフィージビリティスタディ

(つづく)