中小企業診断士の広場 一問一答

平成25年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第20問

下図は,2人(AとB),2財(XとY)の設定で描かれたエッジワースのボックスダイアグラムである。が個人Aの原点,が個人Bの原点であり,2人が保有する2財の量を識別するため,XとYの右下にはAとBというインデックスが付されている。
 いま,下図では,XとYにまつわる2人の初期の資源配分が線分DF 上のパレート最適な点 として与えられている。点 では,線分DF と無差別曲線とが接している。なお,無差別曲線上には点 もある。点線で描かれている線分CE は線分DF と同じ傾きを有し,点 を通過する。線分CE 上にはパレート最適な点 も与えられている。
 このとき,下図に関する説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× 所得再分配によって,点 から点 へ財の保有量を変化させることは,パレート効率的である。
線分DF の傾きは,2財の価格の比率と見なすこともできる。
×  から点 へ財の保有量を変化させても市場の効率性は失われない。
×  から点 へ財の保有量を変化させることは,個人Aと個人Bが保有するXとYの合計量をそれぞれ増加させる。

正解を見る

INDEXへ戻る