中小企業診断士の広場 一問一答

平成25年度 第1次試験問題

財務・会計

第10問

標準原価計算を実施しているA社の当月に関する以下のデータに基づき,材料数量差異として最も適切なものを,下記の解答群から選べ。なお,材料は工程の始点で投入される。

 直接材料費の原価標準データ
  300円/kg×3kg=900円
 当月の生産関連データ
  当月材料消費量 3,100kg 材料消費価格 310円/kg
  月初仕掛品   200単位
  当月完成品   900単位
  月末仕掛品   300単位

不利差異  30,000円
× 不利差異  31,000円
× 不利差異  61,000円
× 不利差異 120,000円

正解を見る

INDEXへ戻る