中小企業診断士の広場 一問一答

平成25年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第11問

東京商工リサーチ「全国企業倒産白書」に基づき,2001年から2011年の期間についての企業倒産動向(ただし負債金額1,000万円以上)を見た場合,最も適切なものはどれか。

資本金1億円未満の企業の倒産件数は,2000年代初めが最も多い。
× 資本金1億円未満の企業の倒産件数は,2000年代末以降増加している。
× 要因別倒産件数構成比を見ると,販売不振を要因とする倒産は減少傾向にある。
× 要因別倒産件数構成比を見ると,連鎖倒産を要因とする倒産は増加傾向にある。

正解を見る

INDEXへ戻る