中小企業診断士の広場 一問一答

平成25年度 第1次試験問題

経営情報システム

第6問

業務に使用する情報処理システムの性能は,その構成方法に影響される。構成方法の選択においては,機器単体の処理能力で判断するだけではなく,信頼性や保守性など多面的な観点から性能の評価を行わなければならない。
 情報処理システムの構成方法に関する記述として最も適切なものはどれか。

× 集中処理システムに比べてクライアントサーバシステムでは,サーバとクライアントに役割の異なる機能を分担させるので,レスポンスタイムが向上し,信頼性も高くなる。
× 集中処理システムに比べて分散処理システムでは,処理を分割して複数のコンピュータに分配し処理結果を統合する必要があるので,オーバヘッドは減少するが,システム全体の故障率は各システムの故障率の和となり信頼性は低下する。
× シングルプロセッサの集中処理システムにもう一組の処理システムを追加し,デュアルシステムに変更した場合,レスポンスタイムはほぼ半減し,信頼性も高くなる。
複数のプロセッサで同時に処理を行うマルチプロセッサによる処理システムでは,シングルプロセッサでの処理に比べてスループットが向上し,信頼性も高くなる。

正解を見る

INDEXへ戻る