中小企業診断士の広場 一問一答

平成25年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第4問

いま,GDPをY=C+I+G,消費関数をC=C+c(Y−T)で表すものとする。ただし,各記号の定義は以下のとおりである。

Y :GDPである。
C :消費である。
I :投資であり10とする。
G :政府支出であり2とする。
:基礎的消費であり2とする。
c :限界消費性向であり0.8とする。
T :租税であり2とする。

政府が均衡予算を採用しているとき,上記の状況から政府が租税を1増加させたときのGDPの説明として最も適切なものはどれか。

× GDPは0.8低下する。
GDPは1増加する。
× GDPは1低下する。
× GDPは変わらない。

正解を見る

INDEXへ戻る