中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

運営管理(オペレーション・マネジメント)

第40問

商品の販売データの分析に関する記述として,最も不適切なものはどれか

× いったん「売れ筋」商品と位置づけられた商品であっても,条件が変われば「死に筋」商品になる可能性がある。
× いわゆる「ロングテール現象」とは,インターネット通信販売などにおいて,「死に筋」商品の売上をすべて合計すると大きな売上が得られるという現象を指す。
小売店舗の売場面積は限られているために,交差比率の低い「死に筋」商品を排除することが重要である。
× 販売数量を期待できないが,他の商品の販売促進効果が期待できる商品群を「見せ筋」ということがある。

正解を見る

INDEXへ戻る