中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

財務・会計

第20問(1)

次の文章を読んで下記の設問に答えよ。
 企業価値の評価手法には,伝統的な企業業績評価手法であるデュポン・システムを応用したものがある。これによれば株価は,1株当たり当期純利益と[   A   ]との積に分解され,さらに1株当たり当期純利益は1株当たり純資産とROEとの積に分解される。こうした会計数値に基づく手法のほか,今日では企業価値評価手法として,キャッシュフローに基づく手法やEVAなどを利用した[   B   ]といった手法も利用されている。
(設問1)
 文中の空欄AおよびBに入る用語の組み合わせとして最も適切なものはどれか。

× A:BPS  B:資本資産評価モデル
× A:PBR  B:割引超過利益モデル
× A:PER  B:市場株価比較方式
A:PER  B:割引超過利益モデル

正解を見る

INDEXへ戻る