中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第19問

完全競争市場の下で,ある任意の財を生産・販売する企業を考える。当該企業の総収入曲線と総費用曲線が下図のように描き出されるとする。ただし,総費用曲線は,固定費用が存在するためにD点を切片として生産量に応じて変化し,総収入曲線とA点およびC点で交差している。また,総収入曲線と同じ傾きを持つ補助線(破線)も描かれており,補助線はB点で総費用曲線と接している。
 この図の説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× C点では,限界収入=限界費用という条件が満たされている。
× Q2より生産量が増えると,当該企業の利潤は増加する。
× 合理的な当該企業が利潤最大化するように選択した生産量から得られる利潤の大きさは,A点,B点,C点を結んで形成されるレンズ型の面積の大きさによって示される。
生産量がゼロの時,当該企業の利潤は負である。
× 横軸上のQ1からB点までの高さは,合理的な当該企業が利潤最大化するよう選択した生産量から得られる利潤の大きさを意味している。

正解を見る

INDEXへ戻る