中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

財務・会計

第18問

Y社では4つの投資案について採否を検討している。投資案はいずれも初期投資額として2,500万円を必要とし,投資プロジェクトの耐用年数は5年である。また,Y社の資本コストは8%であり,プロジェクト期間中に追加の資金は必要としない。4つの投資案の判定基準となるべきデータは以下のとおりである。Y社の投資可能な資金が5,000万円に制限されているとき,企業価値増大の観点からY社が採択すべき投資案の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

甲と乙
× 甲と丙
× 乙と丙
× 丙と丁

正解を見る

INDEXへ戻る