中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第17問

下図は,2つの財(X財とY財)のみを消費する消費者の効用最大化行動を描いたものである。当初の予算制約線はABで与えられ,効用を最大にする消費量の組み合わせは,無差別曲線U1との接点すなわち座標(G,E)として与えられている。このとき,X財の価格が下落し予算制約線がACへと変化すると,効用を最大にする消費量の組み合わせは無差別曲線U2との接点すなわち座標(I,D)へと変化する。なお,補助線(破線)は,予算制約線ACと同じ傾きを持ち,無差別曲線U1と接するものとする。
 この図の説明として,最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× X財に生じた所得効果は線分HIの長さで測られ,Y財に生じた所得効果は線分EFの長さで測られる。
× X財の価格の低下は,X財の消費量の減少を引き起こしている。
× X財はギッフェン財である。
Y財に生じた所得効果の絶対値は,Y財に生じた代替効果の絶対値よりも大きい。
× 座標(H,F)の効用水準は,座標(G,E)の効用水準よりも低い。

正解を見る

INDEXへ戻る