中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第15問

下図は,ある国の立場から,1つの財の市場のみに注目した部分均衡分析の枠組みを用いて,自由貿易協定の経済効果を示している。当該財の価格がP1である第I国からの輸入に,この国では関税を賦課しており,関税賦課後の価格はP2となっていた。それが,第II国と自由貿易協定を結ぶことによって,第II国から価格P3で当該財を輸入できることになった。なお,図中のa〜iは線で囲まれた範囲の面積を表すものとする。
 第II国と自由貿易協定を結ぶ場合,協定締結後のこの国の経済厚生は,締結前と比較して,どれだけ変化したか,最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× c+d+e+f
× c+d+f−h
× d+e+f
d+f−h

正解を見る

INDEXへ戻る