中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第13問

中小企業基本法の定義に基づく,小規模企業者と中小企業者に関する記述として,最も適切なものはどれか。

× 資本金100万円で従業員数5人の飲食店は小規模企業者に該当し,資本金1億円で従業員数が100人の飲食店は中小企業者に該当する。
資本金1,000万円で従業員数5人の小売業者は小規模企業者に該当し,資本金3,000万円で従業員数が200人の小売業者は中小企業者に該当する。
× 従業員数10人の卸売業者(個人企業)は小規模企業者に該当し,資本金3,000万円で従業員数が100人の卸売業者は中小企業者に該当する。
× 従業員数10人の製造業者(個人企業)は小規模企業者に該当し,資本金5億円で従業員数が500人の卸売業者は中小企業者に該当する。

正解を見る

INDEXへ戻る