中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

経営法務

第8問

特許権の共有に関し,法律上最も不適切なものはどれか

× 特許権の共有者は,契約で別段の定めをしていない場合には他の共有者と共にでなくとも,単独で,特許発明の実施をすることができる。
× 特許権の共有者は,他の共有者と共にでなくとも,単独で,共有持分を放棄することができる。
× 特許権の共有者は,他の共有者と共にでなくとも,他の共有者の同意を得たうえで単独で,共有持分を譲渡することができる。
特許権の共有者は,他の共有者と共にでなくとも,単独で,特許を無効とする審決に対する審決取消訴訟を提起することができる。

正解を見る

INDEXへ戻る