中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第14問

下図には,需要曲線と供給曲線が描かれており,市場で決まる「課税前の価格」はD点によって与えられる。ここで,当該財へ政府が税を課すと,「課税後の買い手の支払い価格」はA点で与えられ,「課税後の売り手の受取価格」はC点で与えられることになるとする。
 この図の説明として,最も適切なものを下記の解答群から選べ。

課税によって生じる負担は需要者(買い手)の方が重い。
× この財市場の需要曲線は,供給曲線に比べて価格弾力性が高い。
× 三角形ABDは,課税によって失う生産者余剰である。
× 線分BCの長さは,課税によって生じる需要量の減少を意味している。

正解を見る

INDEXへ戻る