中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第2問(3)

中小企業基本法第2条の規定に基づく(2)小規模企業者とそれ以外の中小企業では,保有する経営資源にも大きな違いがある。中小企業の現状を分析するに当たっては,同一階層の中でのこうした多様性にも留意していくことが求められる。
(設問3)
 文中の下線部(2)について,総務省「2006年事業所・企業統計調査」に基づき,小規模企業者の企業数,従業者数を見た場合に,最も適切なものはどれか。

× 小規模企業者の企業数は,わが国企業数の約5割を占める。
× 小規模企業者の企業数は,わが国企業数の約7割を占める。
小規模企業者の企業数は,わが国企業数の約9割を占める。
× 小規模企業者の従業者数は,わが国の雇用の約3割を占める。
× 小規模企業者の従業者数は,わが国の雇用の約5割を占める。

正解を見る

INDEXへ戻る