中小企業診断士の広場 一問一答

平成24年度 第1次試験問題

企業経営理論

第3問

現代の企業において,経営資源の利用と蓄積は,経営戦略の策定と実行にとって重要である。経営資源は,通常,人的資源,物的資源,資金,情報的資源に区別される。情報的資源に関する記述として,最も不適切なものはどれか

× 企業活動における仕事の手順や顧客の特徴のように,情報的資源は日常の企業活動を通じて経験的な効果として蓄積される。
× 企業活動における設計図やマニュアルのように言語や数値化されているような情報は,熟練やノウハウなどよりも模倣困難性が高くない。
企業にとって模倣困難性の低い情報的資源が競争にとって重要ならば,特許や商標のような手段で法的に模倣のコストを高める必要はない。
× 企業の特定の事業分野における活動で蓄積された情報的資源の利用は,その事業に補完的な事業分野に限定されない。
× 企業のブランドやノウハウのような情報的資源は,その特殊性が高いほど企業に競争優位をもたらす源泉となる。

正解を見る

INDEXへ戻る