中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

企業経営理論

第6問

中小企業ではニッチ市場に特化したり,特定の市場セグメントに自社の事業領域を絞り込んだりする集中戦略がとられることが多い。そのような集中戦略をとる企業の戦略対応として,最も不適切なものはどれか

× 自社が強みを発揮している市場セグメントに他社が参入してきた場合,自社のコンピタンスをより強力に発揮できるようにビジネスの仕組みを見直す。
× 自社製品の特性を高く評価する顧客層に事業領域を絞り込むことによって,これまでの価格政策を見直し,プレミアム価格を設定して差別化戦略に取り組む。
自社の得意とする市場セグメントに事業領域を絞り込むことによって,業界大手の追随を振り切ることができるばかりか,好業績を長期に維持できる。
× 絞り込みをかけた事業領域の顧客ニーズが,時間の経過とともに,業界全体のニーズと似通ったものにならないように監視するとともに,顧客が評価する独自な製品の提供を怠らないようにする。
× 絞り込んだ事業領域で独自な戦略で業績を回復させることができたが,そのことによって自社技術も狭くなる可能性があるので,新製品の開発やそのための技術開発への投資を強めることを検討する。

正解を見る

INDEXへ戻る