中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

経営情報システム

第21問

情報システムがネットワーク上で稼動するようになっている。その場合,情報システムへの不正侵入を防いだり,ネットワーク上で情報が漏洩したりしないようにするため,暗号化や各種認証方式が採用される。これに関する記述として最も適切なものはどれか。

× 公開鍵暗号方式とは,送受信者だけが知る公開鍵をお互いに持ち,送信者はその鍵で暗号化し,受信者はその鍵で復号化する。
× チャレンジレスポンス認証とは,キーホルダー型などの形態の,認証サーバと同期したパスワード発生装置を利用して認証を行う。
× デジタル署名とは,自分のサインをデジタルカメラで撮影し,それを送信文に貼り付けることをいう。
ハイブリッド方式とは,公開鍵暗号方式と共通鍵暗号方式を組み合わせたものである。

正解を見る

INDEXへ戻る