中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

企業経営理論

第14問

日本企業において人事制度の見直しが進んでいる。事業構造の再構築のなかで,成果に応じて格差のある報酬配分を行うことのメリットとデメリットを調和させた導入が重要になる。
 これに関する記述として,最も不適切なものはどれか

× 新たな評価制度を運用する際には,評価者と被評価者が意見を交わしながら目標管理シートを作成するなど,意思疎通の機会を通して満足感を高めるとよい。
× 職場には既存の文化や風土,価値観が存在するため,新たな評価制度を導入する際には,その基準や手続きに関して十分に理解されるための時間が必要である。
評価者が被評価者の全般的な要望や意見を説明しながら評価を行ったならば,評価結果が期待したほどではない場合でも,不公正感が抑えられ,動機づけを高めることができる。
× 評価に対する納得感は,自己比較とともに他者相対比較の側面もあることから,適切に動機づけを高めるためには,社内の公正な評価制度に関する情報開示が要となる。
× 自らが投入した時間・努力量や成果と,それに対する評価・報酬とが見合うならば,人は公正感を感じる。

正解を見る

INDEXへ戻る