中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第8問

下図は,開放経済下におけるマクロ経済モデルを描いたものである。
 いま,小国モデル,完全資本移動,変動為替レート制,物価の硬直性,為替レートの静学的な予想を仮定する。下図では,これらの前提に基づき,生産物市場の均衡を示すIS曲線,貨幣市場の均衡を示すLM曲線,自国利子率(r)と外国利子率(r*)の均等化を示すBP曲線が表されている。
 政府支出の増加に伴う効果の説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× 政府支出の増加は,IS曲線を右方にシフトさせ,所得の拡大を生じさせる。
× 政府支出の増加は,IS曲線を右方にシフトさせ,金利差に伴う大規模な資本の流出を引き起こし円高を招く。
× 政府支出の増加は,クラウディング・アウトを通じて民間投資支出の減少を引き起こす。
政府支出の増加は,それを完全に相殺する経常収支の悪化を引き起こし,所得に影響を与えない。

正解を見る

INDEXへ戻る