中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第14問(3)

次の文章を読んで,下記の設問に答えよ。

 中小企業新事業活動促進法は,中小企業の新たな事業活動を総合的に支援し,その促進を図る法律であり,中小企業基本法が掲げる理念を具体化するための作用法であるという位置づけを有している。
 中小企業新事業活動促進法における「新事業活動」とは,1新商品の開発又は生産,2 新役務の開発又は提供,3商品の新たな生産又は販売の方式の導入,4役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動をいう。
 また,この法律において「異分野連携新事業分野開拓」とは,その行う事業の分野を異にする事業者が有機的に連携し,その経営資源を有効に組み合わせて,新事業活動を行うことにより,新たな事業分野の開拓を図ることをいう。

 文中の下線の異分野連携新事業分野開拓の計画の認定などに関する記述として,最も不適切なものはどれか

× 異分野連携新事業分野開拓計画においては,中小企業者のみならず,大企業や大学,NPO等の参加を得ることにより,様々な経営資源を組み合わせて新事業活動を行うことも想定されている。
× 国として積極的な関与を行い,成功に導く支援をなすべきであるため,認定主体は国(主務大臣)である。
支援対象となるには,中小企業者の占める割合が,3分の1以上必要と規定されている。
× 認定を受ける場合,その事業分野を異にする2以上の中小企業者の参加が必要である。

正解を見る

INDEXへ戻る