中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

企業経営理論

第32問(1)

次の文章を読んで,下記の設問に答えよ。

 ある地方の山間部の温泉地で旅館を経営しているB社は,当該温泉地を代表する老舗高級旅館で,高サービス・高価格を特徴としている。その主要な顧客層は比較的裕福な中高年層であるが,景気の悪化の影響もあり,ここ数年来客数が減少しており,客室稼働率の低下に悩まされている。このような状況への対策として,同社は顧客満足度の向上に取り組もうとしていた。

物財と比べたときのサービス財の一般的特徴に関する記述として,最も不適切なものはどれか

   
× サービス財の場合,買い手がその生産に関与し成果に影響を及ぼす。
サービス財は需要の変動が大きいため,物財よりも多くの在庫をもたなければならない。
× サービス財は生産と消費を時間的・空間的に分離して行うことができない。
× サービス財は物財と比べて品質を標準化することが困難である。
× サービス財は無形であるため,物財に比べ,利用前にその品質水準を評価することが難しい。

正解を見る

INDEXへ戻る