中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

企業経営理論

第3問

企業の強みと弱みに関する分析フレームワークについての記述として,最も不適切なものはどれか

× 経営資源の模倣には直接的な複製だけではなく,競争優位にある企業が保有する経営資源を別の経営資源で代替することによる模倣もある。
経営資源やケイパビリティが競争優位を生じさせており,企業の内部者にとって競争優位の源泉との関係が理解できない場合,経路依存性による模倣困難が生じている。
× 経営資源やケイパビリティに経済価値があり,他の競合企業や潜在的な競合企業が保持していないものである場合,希少性に基づく競争優位の源泉となりうる。
× 経済価値のない経営資源やケイパビリティしか保持していない企業は,経済価値を有するものを新たに獲得するか,これまで有してきた強みをまったく新しい方法で活用し直すかの選択を迫られる。
× 成功している企業の経営資源を競合企業が模倣する場合にコスト上の不利を被るのであれば,少なくともある一定期間の持続的な競争優位が得られる。

正解を見る

INDEXへ戻る