中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

企業経営理論

第1問

ドメインは全社レベルと事業レベルに分けて考えられるが,ドメインの定義ならびに再定義に関する記述として,最も不適切なものはどれか

× D. エーベル(Abell)の「顧客層」「顧客機能」「技術」という3次元による事業ドメインの定義では,各次元の「広がり」と「差別化」によってドメインの再定義の選択ができる。
× 事業ドメインは将来の事業展開をにらんだ研究開発分野のように,企業の活動の成果が外部からは見えず,潜在的な状態にとどまっている範囲も指す。
× 自社の製品ラインの範囲で示すような事業ドメインの物理的定義では,事業領域や範囲が狭くなってT. レビット(Levitt)のいう「近視眼的」な定義に陥ってしまうことがしばしば起こる。
全社ドメインの定義によって企業の基本的な性格を確立できるが,製品やサービスで競争者と競う範囲は特定できない。
× 単一事業を営む場合には製品ラインの広狭にかかわらず事業レベルの定義がそのまま全社レベルの定義となるが,企業環境が変化するためにドメインも一定不変ではない。

正解を見る

INDEXへ戻る