中小企業診断士の広場 一問一答

平成23年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第3問

消費の決定に関する説明として,最も不適切なものはどれか。

× 倹約のパラドクスでは,美徳とされる倹約の推奨が経済全体では消費支出とGDPの減少を引き起こすと考える。
× 消費の習慣仮説では,景気の後退局面においても,消費の減少に対して歯止めが作用すると考える。
絶対所得仮説では,1回限りの減税によって変動所得が増加しても消費は一定にとどまると考える。
× ライフサイクル仮説では,生涯所得の増加が消費の増加を引き起こすと考える。

正解を見る

INDEXへ戻る