中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

企業経営理論

第25問

 ある地方都市の,手作りの折りたたみ式マウンテンバイクを製造する,小さな町工場の社長Y氏は,高視聴率を誇るテレビのビジネス情報番組で自社の製品が紹介されたことがきっかけとなり,全国から対応しきれないほどの数の引き合いを受けるようになった。昨今の健康ブームも相まって,自転車通勤に切り替えたり,週末にサイクリングで名所めぐりをする消費者が全国的に増加していることもあり,Y氏はこの機会に自社で手作りする自転車を全国市場で販売することを決心した。その販売経路政策として,最も不適切なものはどれか。ちなみにY氏の町工場が生産する自転車の価格帯は,12万円から20万円程度であり,テレビ報道を機に商標名の認知度も高まってきている。

× 大手自転車メーカーと販売に関する提携をして,適切な小売店に納入していく。
× 各々の地域市場において有力な自動車ディーラーの営業担当者を介した販売を進めていく。
自社製品の露出をできる限り高めるために,開放型チャネル戦略を展開する。
× 全国市場でのテスト販売を兼ねて,まずは有力なインターネット・ショッピング・モールに出店し,売上の動向や収益性の判断を,相応の時間をかけて行う。
× 大都市圏のみに数店舗を構えるライフスタイル型の専門店小売企業に取引先を限定し,高性能・高級ブランド自転車として販売していく。

正解を見る

INDEXへ戻る