中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

財務・会計

第20問

 E社では,創業以来のオーナー経営者が引退することとなり事業承継のあり方を検討していたが,オーナー経営者の後継者として適当な人材がいなかった。そこで,M&Aを活用し外部の有能な経営者に事業を承継させたいと考えた。このような場合において,友好的なM&Aを行う上でふさわしいと考えられる手段として,最も適切なものはどれか。

MBI
× MBO
× TOB
× ホワイトナイト

正解を見る

INDEXへ戻る