中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第21問

 行動経済学は,ノーベル経済学賞受賞者を出すなど,最近注目されている分野である。次の文中の空欄AおよびBに入る最も適切な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 行動経済学において,目先の利得に惑わされ,将来の利得を過度に低く評価してしまいがちという考え方は,[  A  ]という。また,得の領域では低い確率を高く見積もり,損の領域では高い確率を低く見積もることで,損失を利益より過大に見積もってしまうことは,[  B  ]という。

× A:双曲割引      B:限定合理性
A:双曲割引      B:プロスペクト理論
× A:限定合理性    B:双曲割引
× A:プロスペクト理論 B:限定合理性

正解を見る

INDEXへ戻る