中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経営法務

第14問

 株式会社Aは,一般消費者である女性をターゲットに各家庭を訪問して,あるいはインターネットにおける自社のショッピングサイト上で,高額化粧品をディスカウントして販売する業者である。この株式会社Aによる商品の販売に関する説明として最も適切なものはどれか。

× 株式会社Aがインターネットのショッピングサイト上で掲載している売買契約上,当該化粧品から生ずるいかなる肌のトラブルについても責任を負わない旨の規定がある場合には,当然に,当該契約全体が無効となる。
株式会社Aによる商品のインターネット販売にはクーリング・オフ規定の適用はないが,この商品のショッピングサイト上に返品の可否および条件を記載していない場合,インターネットを通じてこの商品を購入した女性の都合により契約を解除されることがある。
× 株式会社Aの担当者が訪問販売において,「重大な過失がある場合でも株式会社Aの損害賠償額は10万円を限度とさせていただきます。」とする旨を女性に手渡しした売買契約書において規定し,女性がこれについて説明を受け,納得した上で署名押印した場合は,かかる規定は有効である。
× 株式会社Aの担当者が訪問販売において,女性から「商品が必要ないので,帰ってください。」と言われたにもかかわらず,居座って話を続けて説得した上で販売した商品は,この女性が契約書面を受領した日から起算して8日間が経過すると,女性から売買契約を取り消すことができない。

正解を見る

INDEXへ戻る