中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経営法務

第10問

 商標登録を受けることができる商標に関する記述として,最も適切なものはどれか。

× 種苗法第18条第1項の規定による品種登録を受けた品種の名称と類似の商標であって,その品種の種苗に類似する商品について使用するものは,品種登録の期間が経過したときには,品種登録を受けたものに限って商標登録を受けることができる。
× 商標登録出願の日前の商標登録出願に係る他人の登録商標と同一の商標であって,その商標登録に係る指定商品に類似する商品について使用するものは,その他人が当該商標を商標登録することに承諾している場合には,商標登録を受けることができる。
× 商標登録出願の日前の商標登録出願に係る他人の登録商標に類似する商標であって,その商標登録に係る指定商品に類似する商品について使用するものは,その商標登録出願後に他人の商標権が消滅して消滅後6カ月を経過した後であれば,当該商標について商標登録を受けることができる。
他人の著名な芸名と同一の商標について商標登録出願をした場合には,その他人が当該商標の商標登録を承諾しているときには他人の人格権の保護が図られていることから,商標登録を受けることができる。

正解を見る

INDEXへ戻る