中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経営法務

第5問

 中小企業診断士であるあなたは,依頼者であるX有限会社(特例有限会社)の代表取締役である甲に対して,以下のアドバイスを行おうと考えている。このアドバイス案のうちで最も適切なものはどれか。
 なお,X有限会社は,資本金300万円,株主は甲,甲の弟2名,甲の子の計4名,役員は,代表取締役の甲のほか,甲の弟2名がそれぞれ取締役,甲の子が監査役に就任している。

× 御社の場合,取締役会を設置することはいつでもできますが,設置するメリットはないと思います。
× 増資を行う場合,誰に割り当てるかは代表取締役のあなたが自由に定めることができますから,あなたに割り当てることにすれば,あなたの持株数を簡単に増やせます。
特例有限会社から株式会社に組織を変更し,X株式会社という商号を使用するには,定款変更の手続をとって,商号を変更して,それを登記すれば足ります。
× 特例有限会社の取締役の任期は10年までに制限されていますから,任期が満了するときにはまた取締役を選び,登記をしないといけません。

正解を見る

INDEXへ戻る