中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

企業経営理論

第12問

 リーダーシップの諸学説に関する記述として,最も適切なものはどれか。

ハウスによるパス・ゴール理論は,リーダーの職務は部下の業務目標の達成を助けることであり,そのために必要な方向性や支援を与えることにあるとした。
× フィードラーによるコンティンジェンシー理論では,環境の不確実性が高い場合には有機的なリーダーシップが,不確実性が低い場合には機械的リーダーシップが望ましいとした。
× ブレイクとムートンによるマネジリアル・グリッドは,「構造作り」と「配慮」という二軸でリーダーシップ特性を分類し,9―9型が最も高い成果を生むとした。
× リッカートによる参加型リーダーシップでは,リーダーは部下の意思決定に積極的に参加し,影響力を行使することが重要であるとした。

正解を見る

INDEXへ戻る