中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

財務・会計

第10問

 製品X(価格600円,単位あたり変動費360円)と製品Y(価格1,000円,単位あたり変動費700円)の実行可能な販売数量の組み合わせは下図のとおりである。利益を最大にする販売数量の組み合わせとして,最も適切なものを下記の解答群から選べ。

× Xの販売数量:    0   Yの販売数量:3,000
Xの販売数量:1,500   Yの販売数量:3,000
× Xの販売数量:2,250   Yの販売数量:2,250
× Xの販売数量:3,000   Yの販売数量:1,250
× Xの販売数量:4,000   Yの販売数量:  500

正解を見る

INDEXへ戻る