中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第7問

 不完全競争市場における多くの企業は,標準的な平均費用に一定の比率を乗じた上で価格を設定している。いま,生産費用が労働に対する報酬のみであるとした場合,次の式が成り立つ。

ここで,Pは価格,mはマークアップ率,Wは労働1単位当たりの名目賃金,Lは雇用量,Yは生産量である。また,ここでは限界生産物が逓減する生産関数を仮定する。
マークアップ率に基づく価格形成に関する説明として,最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 生産量が増加するにつれて,労働に関する平均生産物が上昇するために価格は下落する。
b 生産量が増加するにつれて,労働に関する平均生産物が低下するために価格は上昇する。
c 需要の価格弾力性が大きい財ほど,マークアップ率を高くし,企業は収入の増加を図る。
d 需要の価格弾力性が大きい財ほど,マークアップ率を低くし,企業は収入の増加を図る。

× aとc
× aとd
× bとc
bとd

正解を見る

INDEXへ戻る