中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

財務・会計

第5問

 次の文章の空欄A〜Cに入る最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

株式会社の設立または株式の発行に際し,株主となる者が当該株式会社に払込みまたは給付をした財産の[  A  ]を資本金とするのが原則である。しかし,払込額または給付額の[  B  ]を資本金としないで,資本準備金として計上することができる。また,公開会社では,設立に際し発行可能株式総数の[  C  ]の株式を発行しなければならない。

× A:2分の1     B:4分の1     C:2分の1以上
× A:2分の1以上  B:4分の1まで  C:4分の1以上
A:全 額      B:2分の1まで  C:4分の1以上
× A:全 額      B:2分の1まで  C:2分の1
× A:全 額      B:2分の1     C:2分の1以上

正解を見る

INDEXへ戻る