中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

企業経営理論

第2問

 どの業種にもいわゆる勝ち組と負け組が見られる。激しい競争にもかかわらず他社よりも優れた業績をあげている企業の特徴に関する記述として,最も不適切なものはどれか

× ある通信機器メーカーでは,生産を国内工場に集約して生産現場で厳格な品質管理体制をとり,堅牢な機器と先進的なデータ処理を売りに,顧客の信頼を得ながら業界水準よりも高い価格で売り上げを伸ばしている。
× ある町工場では単品物の受注に特化しているが,熟練を活かした加工技術を武器に,あらゆる注文に応えられる受注生産体制を敷いて,特定業種にこだわらない受注先を確保している。
× 健康食品を製造販売しているある企業では,顧客からのダイレクトな注文や問い合わせに応えるべく,コールセンターの充実を図るとともに,それを基にした顧客データベースを活かして,逆に顧客への情報発信を行い,顧客との強い信頼関係の構築を目指している。
創業間もない中小化粧品メーカーでは,肌に潤いを与える希少な天然素材を活用した高価な基礎化粧品に絞り込んで,全国的な広告宣伝と大手百貨店や量販店への出店を目指している。
× 激しい価格競争と急激な利益率低下のため大手の電子機器メーカーが撤退した市場で,ある中堅メーカーでは海外企業からの低価格な中間財の調達と自社が得意とする実装技術を活かして,実用本位の機能に絞り込んだ低価格製品で安定した売り上げを確保している。

正解を見る

INDEXへ戻る