中小企業診断士の広場 一問一答

平成22年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第4問

 投資決定の説明として,最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a ケインズの投資理論では,投資の限界効率が利子率を下回るほど,投資を実行することが有利になると考える。
b 資本のレンタル料が資本の限界生産物価値を上回る場合,投資が増加し,資本ストックの積み増しが生じる。
c 投資の加速度原理では,生産拡大の速度が大きくなるほど,投資も拡大すると考える。
d トービンのq理論では,株価総額と負債総額の合計である企業価値が,現存の資本ストックを再び購入するために必要とされる資本の再取得費用を上回るほど,設備投資が実行されると考える。

× aとb
× aとc
× bとc
× bとd
cとd

正解を見る

INDEXへ戻る