中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経済学・経済政策

第6問

 日本の財政状況に関する説明として,最も不適切なものはどれか

× 財政の三位一体改革とは,国から地方への補助金削減,国から地方への税源移譲,地方交付税の見直しを同時に行うことを意図している。
× 日本では,消費税導入後,直間比率が変化し,国税に占める間接税の割合が上昇している。
日本の国民負担率は上昇傾向にあるが,国民負担率とは直接税や間接税の租税負担率に等しい。
× 日本のプライマリーバランス(基礎的財政収支)は赤字の状態が続いているが,プライマリーバランスとは,国債発行を除く歳入と,借金に対する元利支払いを除く歳出との差額と定義される。

正解を見る

INDEXへ戻る