中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

企業経営理論

第16問

 現代社会の企業組織内で,人々は絶えずストレスを感じながら仕事を遂行している。ストレスの原因となるストレッサー,ストレッサーとストレスの関係に影響を与えるモデレーター,結果としてのストレス,組織の成果との関係に関する記述として最も適切なものはどれか。

× 個人に同時に複数の役割が期待されると役割葛藤が生じ,それがストレッサーとストレスの関係にプラスに作用するモデレーターとなることがある。
× 職務充実などを通じて,個人の能力に対し過重な負担となる職務を与えるとモデレーターとしてストレスを高くする効果を持つ。
× ストレス耐性の高い人は,燃え尽き症候群などのバーンアウトを起こす可能性は低く,高い組織成果を上げることが多い。
× 高い組織成果を達成するためには,できるだけ組織ストレスの水準を低く抑える必要があり,そのために管理者はストレッサーとモデレーターの適切な管理を行わなければならない。
役割葛藤などのストレッサーがあっても,上司や同僚に相談したり彼らから支持を得ることができれば,ストレスを弱めるモデレーターとなる。

正解を見る

INDEXへ戻る