中小企業診断士の広場 一問一答

平成18年度 第1次試験問題

経営情報システム

第1問

 次の記憶装置に関する記述について,空欄A〜Dに入る最も適切な用語の組み合わせを下記の解答群から選べ。

 コンピュータにはさまざまな記憶装置が使用されている。このうち,[  A  ][  B  ]間のデータ交換は最も演算処理速度に影響を与える。この[  B  ]には処理速度の速い[  C  ]が使用されるが,容量当たりの単価が高いので業務に使用するソフトウェアの種類を考慮して,適切な容量を装備する必要がある。
[  C  ]には必要に応じてさまざまなデータが格納されたり消去されることが繰り返されるが,容量が足りなくなることがあり,そのような場合はハードディスクなどが[  D  ]として利用され,処理速度は遅くなる。

A:CPU B:主記憶装置 C:半導体メモリ D:仮想記憶
× A:CPU B:入出力装置 C:キャッシュ D:バッファ
× A:制御装置 B:入出力装置 C:半導体メモリ D:キャッシュ
× A:入出力装置  B:キャッシュ  C:フラッシュメモリ  D:仮想記憶

正解を見る

INDEXへ戻る