中小企業診断士の広場 一問一答

平成21年度 第1次試験問題

企業経営理論

第17問

 イノベーションを目的とするアライアンス関係の代表的な形態には,下請関係,ライセンシング,コンソーシアム,ジョイントベンチャーなどがあり,それぞれ長所と短所を持っている。これらのアライアンス関係に関する記述として最も適切なものはどれか。

× コンソーシアムは,基礎研究のように不確実性の高い場合に,複数の企業が共同出資することで投資リスクを低くする効果を持っているが,コンソーシアム解散後の企業間の差別化が困難になるという問題を持つ。
× 下請関係は製品製造コストの削減には有効であるが,新製品の開発や技術革新については取引コストが高くついてしまう。
× ジョイントベンチャーは,比較的長期にわたり同質的な技術をもつ企業同士が提携することであるが,組織文化の対立などによってコントロールを失う可能性もある。
ライセンシングは,短期間に技術を獲得するのに有効であるが,獲得した技術を自社が自由に利用する権利が制約されるリスクがある。

正解を見る

INDEXへ戻る