中小企業診断士の広場 一問一答

平成20年度 第1次試験問題

中小企業経営・中小企業政策

第17問

 「JAPANブランド育成支援事業」は,ブランド確立に向けて地域一丸となって取り組むプロジェクトを総合的に支援する事業である。ブランド育成の支援は,戦略策定段階,ブランド確立段階の2段階にわたって行われる。この事業に関する記述として最も適切なものはどれか。

× 経済産業局において,年1回プロジェクトの公募を行っている。
ブランド確立に関する支援期間は,最大3か年である。
× プロジェクトに対し,独立行政法人中小企業基盤整備機構を通じて支援する。
× プロジェクトの戦略策定支援は,1件あたり1,000万円程度で,3分の2補助である。

正解を見る

INDEXへ戻る